乳酸菌はサプリで摂る?その効果と選び方について

乳酸菌が体にいいということで、乳酸菌飲料やヨーグルトを摂っている人が増えています。

 

ここで、乳酸菌のどこが体にいいのか、簡単に解説しておきましょう。乳酸菌は、その名が示す通り、糖類を分解して、乳酸を作る菌です。乳酸菌には、さまざまな健康効果があることが知られています。

 

その中で、最も主要な働きは、腸内の善玉菌を助けて、腸内環境を整える働きです。

 

腸内には、善玉菌と悪玉菌という2種類の細菌が、対抗するように存在しています。このバランスが崩れて、悪玉菌のほうが優勢になると、お腹の具合が悪くなります。

 

どんな症状が出るかというと、下痢、便秘、などお腹特有の現象が出るばかりでなく、免疫力が衰えて、体調が悪くなり、さまざまな病気になるとされています。

 

一説には、がんも悪玉菌と関係あるとも言います。

 

そのほか、悪玉菌が作る毒性物質のために、肌荒れなど美容面で影響が出ることもあります。一方、善玉菌のほうが優勢だと、上記のような症状は発生せず、健康で健やかな毎日を送れます。

 

で、どのようなことで、バランスが崩れるのかというと、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足などがあげられますが、特に最近は、欧米化した食事が腸内環境を乱すとしてやり玉に挙がっています。

 

どうしたらいいのかというと、まず、生活習慣を正すことが第一に挙げられます。

 

それ以外の方法として、乳酸菌サプリメントを直接摂るのが、効果的とされています。乳酸菌は、善玉菌の活動を促進させるので、それをストレートに摂って、腸を元気にさせようというのです。

 

どのような乳酸菌サプリメントを摂るべきか

 

乳酸菌を摂る方法はいくつかあります。

 

まずは、食事から。納豆、みそ、漬物、ヨーグルトには、乳酸菌が豊富に含まれているので、これらの食品を日ごろから食べてください。

 

乳酸菌によっては、酸に弱いものと、強いものがるので、注意が必要です。せっかく摂っても、胃酸の影響で死んでしまうのです。今の述べた食品は、大丈夫のようですが、熱には、弱いこともあるので、あまり高い温度にはしないほうがよさそうです。

 

熱にも酸にも弱い乳酸菌では、腸まで届かないので、その辺をうまく工夫して売り出している乳酸菌サプリメントがあります。

 

熱や酸に負けない乳酸菌や特殊カプセル入り乳酸菌など、各社知恵を出して、宣伝にも余念がありません。

 

中には、死んだ菌を売り物にしているメーカーもあります。死んだ菌が必ずしもいけないわけではなく、種類によっては、善玉菌を助ける効果が高いものもあるからです。

 

その他、乳酸菌と相性のいい成分の入った商品もありますから、内容物を詳しく調べましょう。

 

いずれにせよ、乳酸菌をしっかり摂れば、お腹の病気だけではなく、他の体の部位にもいい影響がありますから、自分に合った乳酸菌サプリメントを選んで、摂り入れるようにしましょう。

 

サプリメント情報なら以下のサイトで調べるのもオススメです。